さよなら、ストレス!まずは自分をよく知る。

good bye stress 人生山あり谷あり

こんにちは!みっきおばちゃんのブログにお越しいただき、ありがとうございます。

前回の記事「コロナストレスで倒れた夫。生き方を考え直して、みえたこと。」は、大勢の方に読んでいただき、ありがとうございます。

コロナ禍が始まってから2年も経ってくると、世の中はコロナストレスもコロナ疲れも普通になってきて、他のストレスと同じようになってきました。

ただ生きているだけであれこれストレスが溜まりますが、毎日の暮らしの中で見つける小さな幸せをかみしめながら生きていると、人生そう悪いものでもありませんよね?

(えっ?ビール?と思われたあなた。そうです。私の小さな幸せの一つは、たまーに飲むビール♡うまいっ!)

いつどんな時も、その小さな幸せを感じ取ることができる心があれば、何があっても自分の芯がブレずにやっていけます。

本日は、夫と私がストレスを溜めないために、試行錯誤していた時に学んだことを記したいと思います。

人それぞれ。

ストレスが万病の元だということは、夫も私も身を持って経験してきたことです。

心身に過度のストレスがかかると、身体の免疫力が落ちて体調を崩したり、精神的に病んだり、遺伝子を傷付けて発がんを促進することは科学的に証明されています。

またストレスを感じる度合いは、人それぞれですので、全く同じシーンに遭遇しても、あの人は全然びくともしないで平気なのに、何で自分だけ一人抱え込んでいるのかなと思う時があります。

物事の考え方、捉え方、受け取り方は、その人の生まれ持った性質と育った環境や親との関係によるものですし、今自分が置かれている状況や周りにいる人達との人間関係なども影響します。

そしてストレスの対処法も、あの人にはこの方法が役に立ったという一方、自分には逆にストレス源になったという場合があり千差万別です(特に内向的な人と外向的な人は違います)。

good bye stress

現在、世界には約79億人の人間がいて、その一人一人がオンリーワンの人生を送っています。その与えられた命をより深く全うするためには、自分をよく知ることから始まると学びました。

は?当たり前じゃない?と思った方、読まないで下さい(笑)。

自分を知ることは、容易なようにみえますが、実は難しいことでもあります。

自分をよく知ることは、実は難しい。

案外、人は自分のことは知っているようで知りません。

他人の悪い所・良い所は、よく見えますが、じゃあ自分はどうなの?と自問した時に、明確にすぐ答えられません。

時々、他人にこう言われたから自分の長所・短所はこうだとずっと思い込んでいたら実は違った!みたいな新たな性質の自分を発見することもあります。

o
(ニュージーランド南島の砂州)

嬉しいと感じた時、何で自分はこんなに幸せだと感じているのか?

誰かに対して怒っている時、何で自分はこんなに腹を立ててるのか?

心がモヤモヤ、ザワザワと胸騒ぎがしている時、何で自分はこの感情を抱いているのだろうか?

と、まずは自分の心に忠実に耳を澄ましてみると、「私はこういうことに幸せを感じるんだ。私はこういうことで怒っていたんだ。私はこういう考え方に共感できないし、こういう人は本当は苦手なんだ。」など、自分が好きなこと、嫌いなことが具体的に見えてきます。

そうやって自分の心を観察し分析していく内に、これまでの自分と結びつけながらどういう時に、何に対して負の感情(ストレスの原因)を抱いているのかに気付けます。

それ故、自分をよく知ることはストレスと向き合う上でも、非常に大切なことだと学びました。

逆に、自分が何に対して正の感情を抱くかを知ることは、生きがいや生きる幸せをもたらし、自分を強くしてくれます。

想像力がない人。

基本的にあまり深く考えない人は、ストレスを溜めていません。

自分は自分、人は人と、自分や他人の生き方や考え方は約79億個の内の一つだと割り切って調和を保っているのであればいいのですが、そうではない人(想像力がない人)は、相手の気持ちを考える力がないので、相手の立場に立って物事が考えられません。

自分が思っていることが一番正しく、相手もそう思うはずだ・そうすべきだという自己中心的・利己主義・私利私欲な人。

なので単純に自分と考えの違う人に自分の考えを押し付けたり、相手を傷つけたり、騙したり、攻撃したりして自分の価値を見出したり、そこに幸福感を得ています。

立派な大学を出ていようが、有名な政治家だろうが、関係ありませんよね。

学歴と想像力は、別!

これを読んでくださっている方は、きっと深く物事を考えて想像力がある方。じゃないと、ストレス関係の記事なんて、スルーですわ(笑)。

ストレスを溜めないため、想像力のない人になって周りに危害を与えるのも一つの手ですが(おい!おい!)、私は死んでも嫌ですので、自分をよく知って、自分がストレスを感じない状況に自分自身を持っていく方に努めたいと思います。

ということで本日は、夫と私がストレスとさよならするための第一歩として「自分をよく知る」ことが、いかに大切だったかを学んだお話でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

↓ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると、たいへん嬉しいです!ありがとうございます♡

グッド・バイ、ストレス!明るい未来に乾杯!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村