【海外】コロナ禍で起こっている有難い現象

生活・情報

コロナが早く終息してほしいと毎日思っている一方で、コロナのおかげで良い方向に動いたこともあります。

あくまで私の個人的な見解ですが、海外在住者の私にとってこれだけは有難い!と思う現象がコロナ禍で起こっています。

今日はこの有難い現象についてです。

マスク着用に対して、ハードルが下がった

ニュージーランドも含めてコロナ禍前の欧米社会では、公共の場でのマスク着用は皆無に等しかったと思います。

それに対しマスク文化のジャパンから来ている私は、マスク着用に何の抵抗もなし。むしろマスク好き。

風邪や鼻炎の時などに外でもマスクをしたくてしょうがなかったのですが、マスクをしていると周りから「あんた大丈夫なの?」「こっちに近寄らないで」みたいな痛い視線。

マスクをしていると物凄く目立ち、好奇の目で見られるので、16年もの間(!)マスク着用ができませんでした。

mask

家では鼻炎や風邪の時は、マスク着用。

ハウスダスト持ちの私は、念の為、宿泊先のお部屋でもマスク着用。

日本行きの便に乗った瞬間から、マスク着用。もうそこはジャパンですから、笑。

飛行機の中は乾燥しますし、保湿のためにも必ずマスク着用していました。

で、実は今もマスクしていますが、コロナに感染した後からそのまま花粉症にやられていて、マスクしていないとやってられません。

今、ニュージーランドでマスクをしている人はほとんど見かけませんが、花粉症の時期に外で堂々とマスクが出来るのは、とても有難いことです。

かかりつけ医でのマスク着用義務

有難い現象の2つ目は、ニュージーランドでマスク着用の義務が廃止された後も、かかりつけ医に行く場合は、マクス着用を求められること。

私の住む町の医療機関の施設や薬局でも、未だにマスクを着用するようにと入り口に表示がされています。

これのどこが有難いかと申しますと、私のかかりつけ医の待合室のスペースが小さく、空気洗浄機なんてものは置いていないので、密室状態。

咳をゴホゴホしている人、鼻水ズルズルしている人、くしゃみしている人、高熱でフラフラしている人などが、これまではマスクなしで密集していていたわけです。

ウィルス、うじゃうじゃ。みんなでうつしあい。

物凄く苦痛の時間。

それでもマスクをするわけにはいかなかったので、呼吸を止めながら待っているのは苦しかった、笑。

それが今じゃ、事前に送られてくる予約の確認メールに「必ずマスク着用してください」とご丁寧なお願い付き。

入口前には「必ずこの消毒液を使ってください」というご案内。

中に入ると、受付の方も、患者さんも、ナースもドクターも全員しっかりマスク着用していました。

これでもう息を止めながら待たなくてもいい!

少しは飛沫感染や空気感染の予防にはなっているだろうと、安心感があります。

マスクを買わなくても大丈夫

コロナで悪いことばかりに目が行きがちですが、コロナのおかげで欧米人の衛生観念に対する意識が少し変わったことは、嬉しいことです。

ちなみにコロナ禍が始まってからニュージーランドで、一回もマスクを買っていません。

コロナを検査をする場所で、無料でマスクを配布してくれるためです。しかも高価なFFP2マスクまで無料!

夫の職場でも、あらゆる所でマスクが無料で配布されていました。

これも大変有難いことの一つです。

それでは本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると、たいへん嬉しいです!ありがとうございます。

☆関連記事☆

コロナに感染して思ったこと
みなさんが生きていく上で一番大切なことは、何ですか?
【体験談】私のコロナ感染・闘病記
人によって、症状が全然違いますが、私の場合はこうでした。
【体験談】私のコロナ闘病記②しつこいコロナ
私のコロナはまだ終わっていませんでした。続きです。
息子がコロナ感染。次なる事態に向け準備
次は誰が感染?息子のコロナ感染をうけて、次なる事態に向けて準備開始!
【海外】マスク事情と有難い息子の担任の先生。
マスク文化ゼロだったニュージーランドのコロナ禍後のマスク事情です。