ハッチーは、掘るのがお好き

人生山あり谷あり

みなさま、こんにちは!お元気ですか?今週もまた始まりましたね。

本日のニュージーランドは、エリザベス女王の追悼のため、一度限りの祝日になっております。

ということで、3連休の最終日。

私達は、ハッチーの生活環境を整えるため、あれやこれやと朝から動き回っていて、あっという間にこの連休も終わりそうです。

ハッチーも慣れてきたのか、最初の数日間は、ほんとに子犬!って感じで、それはまぁ、ちっちゃくて、か弱くって、可愛いぬいぐるみみたいだったのですが、10日も経ってくると、本領発揮!

さすが、男の子。やんちゃ感満載になってきました〜。

もうすでにティーン・エイジャーの反抗期に入り始めたのか?と思うぐらい、笑。

あ、それともイヤイヤ期か。

今しっかりドッグトレーニングしておかないと後で大変なことになるので、真面目にやってます。(子犬教室の話は、また今度書きます)

腹減った〜!オレに、何か食わせろ!

夫も私も前に(別々に)飼っていた犬は、メス。

オスの子犬は今回が初めてです。

ここには書けませんが(書いてるけど)、この10日間で色々としっかり成長してきて、父ちゃん(夫)と母ちゃん(私)は、ちょっとビビっているのであります。ぎょえ。

しっかし、オスメスに関係なく、犬の成長はやっぱり早いですね〜。

犬の平均寿命(犬の種類によって違いますが)は、10年から13年ぐらいなので、犬にとってはこの短い命の時間を、生きている間に思う存分楽しまないと、一度限りの犬人生、もったいないですもんね。

グズグズしてられません(私も見習わないと!)

さて、最初の1週間は、ハッチーがどんな性格の犬なのか、様子をみてきました。

「はじめまして、ぼく、ハッチーです。」の自己紹介の記事でも書きましたが、どうやらハッチーは掘るのがお好きなよう。

前に飼っていた犬は、そこまで掘りませんでした。

一方、ハッチーは芝生をクンクン嗅ぎ始めたかと思うと、ううぉりやぁ〜って勢いよく掘り出します。

土の中に、何か生き物の匂いがするのでしょうか。

とりあえずその都度「ノー!」と言って、止めさせていたのですが、止めなければこの犬は、一体どこまで掘るのかが知りたくて、夫がいない時に、試してみました。(ひ・み・つ)

で、それがこの結果。

えへ。ぼくちん、かわいいでしょ?(ぶりぶりポーズとったって、ダメなものはダメよ)

花壇の土のとこを掘り出したハッチー。

そりゃあもう、母ちゃんに止められないので、ヤッホーイと言わんばかりの顔で狂ったように掘る。

で、結局、最後は止められたハッチー。

なぜなら、ハッチーがすっぽりそのまま入れるぐらいの大きさの穴を掘り、下手したら、木のフェンスの下を抜けて、外に逃げ出す可能性もでてきたからです。

なかなかやるな、ハッチー。

子犬だと思って、甘く見てたぞ。

母ちゃんは、土だらけのあなたをきれいにするのに一苦労。

という感じで、穴掘りで外への脱出は楽勝なことを知ったり、まさか入れないだろと思うような隙間でも、どんどん入っていきます。

うちの庭は元々フェンスで囲まれているので、犬対策バッチリ!なんて思っていましたが、そんなに人生甘くはありませんでした(←だよねー)。

それで、この3連休は、ハッチーが逃げ出さない作戦、隙間にハマらない作戦を練るために、一つ一つあやしい箇所をやっつけているわけです。

夫が、外用の犬小屋も組み立ててくれました。

日曜大工が大好きな夫は、めちゃくちゃ楽しそう。この二日間は、ほぼ庭かデッキで過ごしました。

ハッチーありがとう。

あなたのおかげで、夫が一番楽しそうよ。

一日中、外で過ごして、ひと仕事を終えた後のビールとポテトチップスは、最高だった!(ぷは~)

段々と犬仕様になっていく我が家です。

このまま庭に、犬の障害物競走の遊具みたいなのを作って、ドッグラン障害物大会出場に向けてトレーニングでもするかっ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ハッチー話は、まだまだ続きます。

次回は、腹が減りまくりのハッチー。さて、なんででしょう?

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると、たいへん嬉しいです!ありがとうございます。

☆関連記事☆

てんてこまい。子犬が来てからの1週間。
あ~、眠たい。息子が赤ちゃんだった時のあの感じを毎日思い出しています。
はじめまして、ぼく、ハッチーです。
ついに我が家に新メンバーが到着!自己紹介です。
実は、私のためじゃなかった?
なんて夫は優しいのだろうと思っていたけれど・・・私の勘違いでした。温度差がある夫婦のエピソードです。
久々の一目惚れでトントン拍子に物事が進んだの巻
またしても出逢いは突然にやってきました。