コロナのあの疑問、元夫によって実証されました

人生山あり谷あり

「コロナに感染する人は何度も感染するし、感染しない人はしない」

これは、コロナ禍が始まってから私が何度も聞いてきた話で、「ほんとのところ、どうなの?」という疑問をずっと抱いていました。

コロナワクチン接種の有無に関係なく、感染する人はするし、しない人はしないという話。

感染が拡大してきた頃、知り合いのドクター数名が「遅かれ早かれニュージーランドの国民の大部分がコロナに感染する」と言っていたのを聞いて、ブルブルと背筋が寒くなりました。

「何れ私も夫も息子もみーんな感染するの?」と信じたくはないけれど、コロナ禍前のような生活に戻っているニュージーランドでは、もう時間の問題なのかなという意識はありました。

それで、先月ついに我が家にもコロナがやってきて息子→私と感染し、夫は感染を免れましたが、今回あの疑問を実証してくれた人物は、元夫です。

元夫の家族は子供から大人まで全員、一度コロナに感染しております。全員ともワクチンを接種していました。

彼らがコロナに感染する前に、普通に会っていた元夫。

絶対、元夫も感染したでしょ!と思っていましたが、彼は感染しませんでした。

そして、今度は元夫の彼女が感染。

感染判明直前まで濃厚で密な(笑)時間を彼女と共に過ごしていたので、いくらなんでも今度は感染したでしょ!と彼の陽性結果の連絡を待っていましたが・・・・

2週間経っても、ずっと陰性。全く症状なし。彼は感染しませんでした。

凄いぞ、元夫!

何で彼は感染しないのでしょうか?誰か教えて下さい。

本当に不思議でたまりません。

元夫はもうすぐ50歳ですが、私が知っている限りこれまで大きな病気に患ったり、長期間体調を崩したことがありません。

かといって、健康に気を付けていると言えばそういうわけでもなく・・・・。

ま、超前向きで自分大好き人間ですけどね。

元夫と結婚前に、私が熱を出しぐったりしたことがありました。

とりあえず横になってゆっくりしたかった私に元夫は「外に歩きに行こう。汗かいて動いたほうが、元気になるから」と言って、嫌がる私を外に連れていきました。

頭が朦朧とする中、「夕日を見よう!」とか言われて森の中を結構、遠くまで歩きましたよ。(夕日なんてどうでもいいよ、この野郎!って思いながら、笑)

その時、ニュージーランド人って熱が出ても安静にしていないのかっ!と思っていましたが、これは元夫オリジナル方式。

それから何年もの元夫との生活で、私は熱を出した記憶はなし。

きっと熱なんて出すもんか!という気合が入っていたのでしょう。

もちろんその時も、元夫には私の風邪はうつりませんでした。

ということで、「感染しない人はしない」という疑問は、今の所、元夫が実証してくれています。

もしかすると世界でコロナが終息して、最後の最後まで感染しなかった人物してとニュースに出るかもしれませんので、皆様、要チェックです!!笑

・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

皆様もお体にをお気をつけてくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると、たいへん嬉しいです!ありがとうございます。

☆関連記事☆

【海外】コロナ禍で起こっている有難い現象
海外在住者の私にとって、コロナのおかげで良い方向に動いたこともあります。
息子がコロナ感染。次なる事態に向け準備
次は誰が感染?息子のコロナ感染をうけて、次なる事態に向けて準備開始!
【体験談】私のコロナ感染・闘病記
人によって、症状が全然違いますが、私の場合はこうでした。
【体験談】私のコロナ闘病記②しつこいコロナ
私のコロナはまだ終わっていませんでした。続きです。
コロナに感染して思ったこと
みなさんが生きていく上で一番大切なことは、何ですか?
コロナストレスで倒れた夫。生き方を考え直して、みえたこと。
人は死を身近に感じた時、命の時間は限られると気付きます。ならば、残された時間をどうやって生きていきたいのか?
コロナストレスで倒れてから一年、病院から電話があった
これだから男は・・・笑。
【コロナ感染】ワンオペ家事の悲しい結末
一家の料理と家事担当の人が倒れると、こうなります。大反省。