海外節約生活・自炊飯!何年かぶりに作ったカレーライス

生活・情報

昨日のブログを更新した後、無性に日本のカレーライスが食べたくなり、近くのスーパーへ材料を買いに行ってきました。

ミニマルライフを送るようになってから、調味料もシンプルになり、原材料に色々と入っているカレールーを使うのを何年もやめていたところです(食物アレルギーもありました)。

それから、スパイスを使って簡単自作カレーを作るようになったのですが、やっぱりどうしてもあの懐かしの味が食べたい!と、昨日は異常な衝動に駆られたので、もうギブアップ。

私が行ったスーパーには、ジャワカレー(辛口)ととろけるカレー(甘口・辛口)しか置いていなかったので、辛いものが苦手な我が家は甘口をチョイス。

とろけるカレーの下に、「Tasty Curry」と書かれてありますが、訳すと「美味しいカレー」。

「美味しい」と書かれているのですから、外国人はきっと買うのでしょう、笑。

「美味しい」を訳す時、すぐ浮かぶ単語は「Delicios(デリシャス)」だと思いますが、案外、この言葉をネイティブスピーカーは使わないように思います。

「Tasty」「 Nice」「 Good」の前に強調表現の「Very」や「Really」を付けて美味しさを伝えることが多いですかね?

子供だと「Yummy(ヤミー)」という言葉を使います(親しい仲の人の時は、私も使います)。

後ろには、ご丁寧に英語と日本語で原材料名と作り方が書かれていました。

お値段は、200グラムで$7.06。

高っ!

節約ファミリーには、贅沢品。

でも、半分のルー($3.53)を使い、2人分×2回分の量ができたので外食と比べたら、コスパ良し!(ルーだけ一食分$0.88)

でもって、普段自分が作らない味で外食気分も味わえたので、一石二鳥!

材料もベーシックなものだけなので、牛肉以外は低コスト。

昨日は、人参一本、じゃがいも一個、玉ねぎ半分だけ使いました。
ついでに冷凍のグリーンピースとコーンも入れました

横にちょっと添えたトマトとキュウリは、夫のお弁当に入れた残り。

そしてここ最近、再び買うようになった栄養抜群のアルファルファ。

たっぷり入っていて$2.29(専用のキットを使って自家栽培している人もいます)。

食べでも食べてもなかなか減りません。

↑これでも減ったほう。
できた!懐かしい匂いが家の中に充満中

というわけで、何年かぶりに食べたカレーライスは、最高に美味しかったのであります(アレルギー反応も出ませんでした)。

料理が得意でもなく、料理に自信もない私が自炊している理由は、第一に節約ですが、外食が続くと、どうしても胃が疲れてしまうのですよね。

食べるのは大好きなのですが、旅行中に外食ばかりになってしまうと、「あー、ご飯と味噌汁とかお茶漬けだけが食べたい!」となってきます。

節約をしている理由は、人生3回目の住宅ローン返済に、老後資金準備、急な出費や日本一時帰国代、突然収入が減ったりなくなっても路頭に迷わないための貯金など、色々とありますが、それよりも何よりも、一番の理由は・・・・

夢や目標、楽しみや生きがいにお金を使いたい

からです。

私の場合、大好きな家族との思い出作りと冒険の旅に出ること。

そのために、出来る限り節約しています。

塵も積もれば山となり、継続は力なり、ですので、これからも自炊生活を頑張っていきたいと思いまーす!

ま、でも、スペシャルな日やどうしても作る気力なし!という日には、外食もしますけどね。

無理や我慢も禁物。

ストレスが溜まり、その反動で余計にお金を使ってしまった失敗談もあるので、我慢も程々に。

自炊生活をされている方、一緒に頑張りましょう!

・・・・・・・・・・・

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♡

それでは、また!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると、たいへん嬉しいです!