こだわり・こうじゃなきゃを捨てる。

nice is nice 生活・情報

こんにちは!みっきおばちゃんのブログにお越しいただき、ありがとうございます。

「備蓄」とかこつけて、お菓子も買い溜めている我が家。

心に余裕がある時は、お菓子作りもするのですが(全然大したものではないですけどね)、だんだん面倒くさくなってくると、備蓄のお菓子に手を付けてあっという間になくなってしまうというのが、我が家のパターンです(備蓄の意味全然なし!)。

只今、ニュージーランドは16日間の冬休み中(今週の日曜日で終わり、ああ悲しい)。

雨でほとんど出かけられず自宅待機となった毎日、我が家の男たちの午後3時と夕食後(時々、午前も。朝昼晩3食と変わらないじゃん!)のおやつタイムが容赦なく押し寄せてきて、いつにも増してお菓子の消費量が早くなっております。

在住国の応援やめて、隣国を応援し始めた?

ニュージーランドに住んで18年目。

とりあえずニュージーランドに住んでいる限りは、ニュージーランドのビジネスや商品を応援したい気持ちから、ニュージーランドブランドの食料品、日用品、化粧品、アウトドア用品などを購入してきました。(実際、ニュージーランドの化粧品会社で働いていました)

日本に住んでいる家族も、日本で購入できるニュージーランド産の食べ物を買って応援してくれていました(頼んだわけではないのですが、ニュージーランドが大好きな私のことを思ってくれてのことだと思います)。サンキューベリーマッチ、マイファミリー!

でも、コロナ禍前に日本に一時帰国している時に父が、ニュージーランド産のラム肉とかわざわざ買ってきてくれて「ほら、ニュージーランドのだぞ、一緒に食べるぞ」と嬉しそうに言ってくれると、何で日本に来てまで、わざわざニュージーランドのラム肉食わなきゃいけないんだー!って思いました(笑)。

元々、ラム肉食べないし・・・。日本では美味しいお寿司とかが食べたいのだ、私は・・・。(海外在住者あるある?)

それはさておき、ニュージーランド産の物はちょっと割高。昔は、オーガニックや自然系のものに物凄くこだわっていた時期があって、そういうのはもちろんもっと高め(今も買い続けているものもあります)。

それでですね、ここ最近の物価高騰でもうニュージーランド産にこだわらなくていいかな〜ってなってきました。

一見安いかなと思っていたお菓子類も、他の国から来た商品とグラム単位で価格を比べると、実は高い!(グラム単位でお菓子の値段チェックしているところが節約主婦目線)

えいっ!とこれまでの「こだわり」と「こうじゃなきゃ」というのを放り投げて、新たな領域へ足を踏み出すことにしました(数ドルのお菓子で、やたらと大袈裟)。

はい、これです。今まで、我が家はニュージーランドブランドのGriffin’s(グリフィンズ)というものばかりを購入してきたのですが、気付いたらお隣オーストラリアブランドのARNOTT’S(アーノッツ)づくしです!

おお、私はニュージーランドに住むARNOTT’Sの回し者か?

味は・・・全部普通です。普通に美味しいです(笑)。

日本でもカルディとか輸入食品店を取り扱っているところだと、必ず見かけるARNOTT’S。(今もあるのかは不明)

ARNOTT’Sと言えば・・・

Tim Tam(ティム・タム)!

今、色々な味が出て昔よりもかなり進化しております。

夫も大好きTim Tam。日本人のファンも多いTim Tam。かなりあま〜いです。

外国のお菓子って、どんだけ砂糖入ってるんだろ思うほど、甘いのが多いです。(ま、あまり気にしない、気にしない・・・気にしすぎる方がストレスが溜まるので身体に良くないという結論に達しました←みっきおばちゃんの場合)

というわけで、気付いたらニュージーランド大好き在住者が、「こだわり」と「こうじゃなきゃ」を捨て、お隣オーストラリアのお菓子を買いまくっている話でした(笑)。

Niceはナイスだった

冴えないオヤジのダジャレみたい(オヤジもこんなこと言わないだろう)。

実を言うと、私は小学生の高学年ぐらいから「みっきって、オヤジみたいだね」と友だちに言われて、オヤジキャラで中学生ぐらいまで過ごしました(小学生の女の子のオヤジキャラってどんなん?って感じですが・笑)。

ある日のニュージーランド人の夫との3時のおやつタイムのこと。

例のARNOTT’Sの色々な種類のお菓子をお皿に並べて食べ始めたんです。

そしたらその中の一枚を一口食べた夫が「This is nice!」って言うものだから、吹き出しちゃいました。

この人、マジで言っているのか?って。

だって、夫が食べたお菓子の名前が・・・

名前が・・・

Nice

夫は何も知らないで「これナイスだね」って言ったのですが、あなたの方こそグッドタイミングに言うものだから「ナイスだね」と突っ込みたくなりました。

ほら、見てください、これ。

Nice

ズームイン!(あ、昔は日テレのズームイン観てたけど、気付けばめざましテレビを観るようになってたな)

かすか〜にNICEという文字が彫られてあります。(夫がこれに気付くわけがない。)

表面にはざらめのような砂糖がくっついてます。素朴で甘いビスケット。

ダジャレでも何でもなく、Niceはナイスだったことが証明されました(笑)。

いつかニュージーランドにお越しの際は、スーパーマーケットでNiceを買って食べてみてくださいね♡

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

↓ブログのランキングに参加しています。応援クリックをいただけると、たいへん嬉しいです!ありがとうございます♡

皆さまにとって、ナイスーな一日でありますように。

みっき

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村