実は、私のためじゃなかった?

人生山あり谷あり

「もう、最悪の夜だった!」と、ため息をつきながら起きてきた夫。

「どうしたの?大丈夫?」

「ほんとに一睡もできなかった・・・」

「えっ?だからなんで?」

「子犬の事を考えるとワクワクしちゃって、夜中ずっとまだ2時?まだ3時?ってやってた。子犬を迎えに行くまで、まだまだじゃん!長っ!!!」

「あ、なんだ、それか。私は、爆睡だった。犬のこと、一回も考えなかったし」

「マジかっ!信じられん」

これは、今朝6時の会話である。

いつも5時起きの夫は、興奮しすぎて眠れなかったらしく、普段より遅く起きてきた。

一方、昨日の私は疲れ切っていて、久々の爆睡(どんだけ温度差のある夫婦、笑)。

このブログを公開した数時間後には、夫と一緒に子犬を引き取りに行く予定。

待ちに待った感動の再会だ。(ってか、一昨日の夜に飼い主さんに連絡して、昨日の朝、子犬に会って、今日から我が家の新しいメンバーの一員になるのだから、大して待っていないし、あはは)

昨日のブログで、犬を飼うことになった経緯を書かせていただいた。

息子が元夫のところにいる間の私の喪失感、無気力感、空の巣症候群を心配して何年もの間、夫は、犬がいた方がいいと提案してくれていたからである。

私のためを思って、夫はそれをずっと言い続けてきてくれた。

そして、なんて優しい夫なんだろうと思っていた・・・けれど、

実は自分が犬を飼いたかっただけじゃん

ということが判明した、笑。

でしょ、夫よ?

それでは、犬を飼うことに決めた後からの夫の様子を振り返ってみよう。

1、昨日は一日中、仕事の合間に、何十回も私に「楽しみだ」と言ってビデオ通話してきた。

2、長めの休憩時間に、待ち合わせをして、犬グッズを一緒に買おうと、わざわざ提案してきた(で、結局、一緒に必要最低限のモノを買ってきた)

3、一応、必要なモノは昼間の買い物で揃えたので、夜はゆっくりするはずだったのに、夜中までやっているお店にもう一回、犬グッズを見に行こうと提案してきた(で、結局、一緒に行って、また買い足してきた)

4、今朝、子犬のことを考えすぎて待ち遠しくて、眠れなかったと言って起きてきた。

5、子犬があたかもいるように「こっちおいで~」とか言って、一人、練習してた(←かなりヤバい)

6、今日も朝から仕事の合間に何度も何度も「引き取りの時間まで、まだまだだー!早く会いたい」と言って、連絡してくる

7、昨日と今日は、職場の方々に子犬が来ることを言いふらしている

8、その言いふらし方→昨日の私のブログを読んだ夫、「ぼくの妻が他の男と恋に落ちた」と言って、職場の方々にショックを与えた後、「毛がふさふさのこれぐらいちっこい男とねー」と言う。

するとみなさんは「あはは、あー、びっくりした、犬のことか」と言って安心したと同時に、「でも、ぼくの前の妻は、本当に他の男と浮気して出ていった」と言って、更にまた衝撃を与えるという、アホなことをやっている(←いつもはこういうキャラじゃない)。

これは実話で、実際に夫はシングルファザーを何年もやっていた。私より、波乱万丈な人生であーる。

ということで、最後は話がそれましたが、夫がどれだけ楽しみにしているのか、みなさんにもよく伝わったかと思います。

私のためでもなんでもなかったのね〜。

ま、どっちでもいいけど。

とにかく楽しみです!

・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今夜の息子へのサプライズプレゼント、反応が楽しみです♡

夫は、その瞬間をとらえるビデオ撮影係に任命されました(私に)。

よろしく頼むぞよ、夫。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると、たいへん嬉しいです!ありがとうございます。