節約2日目・初1ドル30セントの食パン食べ比べ

生活・情報

無事に「備蓄と週100ドル節約生活チャレンジ」の2日目を迎えた(まだ2日目!)。

昨日は、沢山の応援をありがとうございました。

今日の晩御飯を考えていて気付いたのだけれど、節約生活チャレンジ1週目は全然余裕かもしれない。

先週までに買い溜めていたお肉類が3食分残っているし、お米や調味料、卵などはまだある。

色々となくなってくる2週目から、一気にきつくなりそう。

そして、3週目が山場かな(もうその頃には、とっくのとうにギブアップしている見込み、笑)。

今日の買い物
合計4ドル60セント

週100ドル節約生活チャレンジ2日目の合計→21ドル60セント。残り78ドル40セント。

さて、今日の本題に入りますが、ニュージーランドに住んで18年、今まで私はこの白い食パンを一度も買ったことがなかった。

日本では、モチモチの美味しい白い食パンが大好きだった。

残念ながら、ニュージーランドのスーパーの食パンに、あのモチモチ感は、ない(ですよね?)。

これまではホームベーカリーか、茶色いパン、つまりは全粒粉パンかサワードウのパンしか食べてこなかった(白い食パンより高い)。

ついでに、家に白い小麦粉も白い砂糖もなく、全粒粉と黒砂糖だけを使ってきた。

そんな私がなぜ今、この白い食パンを買いだしたのかと言うと、元々は節約チャレンジのためではなく、1ヶ月前から夫が、全粒粉を食べるとお腹の張りや膨張感を訴え始めたからだ。

胃腸に問題を抱える人のために栄養士が開発したアプリによると、白い食パンは大丈夫なんだそうで、今、試験的に試している段階というわけ。

えーーーーーーー?

と思われた皆様、私もそう。

全粒粉の方が精製されていないので、体に良さそうなのに・・・。

というわけで、私の家から徒歩圏内に、ニュージーランドのスーパー大手2会社があるので、試しにそこのホームブランドで一番安い食パンを買ってみた。

我が家の食パンは、夫と息子のお弁当のサンドイッチ用。

今週の金曜日で、仕事も学校も終わるのでとりあえず今週分あれば問題なし。

2社とも600グラムで1ドル30セント(これまで買ってきたパンは、750グラムで4ドルぐらいの)。

青組はNew World、赤組はCountdownというスーパーの食パン。

まるでニュージーランドの国民党(青)と労働党(赤)を彷彿させる、笑。

見た目はあまり変わらない。

国民党、あっ違った、青組New Worldの食パンの原材料など
赤組Countdownの食パンの原材料名

原材料は、ほとんど変わらない。

では、厚みはどうだろうか?

上が赤組、下が青組

気のせいかもしれないけれど、青組New Worldの方が厚い。

実際に食べた後の感想として、青組New Worldの方が若干厚く、パサパサしていなかった。

赤組Countdownにジャムやピーナツバターなどを塗っている時に、力を入れ過ぎて、ちぎれてしまったことがあるし、具沢山のサンドイッチを作ると、重みでバラバラになる一歩手前だった。

それと、薄いのでちょっと水っぽい具だとすぐパンにしみてしまった。

私個人の意見としては、1ドル30セントの戦いは、青組New Worldの食パンが完全勝利。

残念ながら、赤組Countdownは完敗だ。

それにしても1ドル30セントは、安い。

栄養面は考えないとして(笑)、サバイバルモードの節約ファミリーには、大助かり。

よしっ、3日目に向けて、頑張ります!

・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

引き続き、応援をよろしくお願いいたします♡

それでは、また!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると、たいへん嬉しいです!